記事一覧

ポメラート初のエキシビション

ポメラート(Pomellato)は、メゾン初のエキシビションPomellato: Fine Craftsmanship and Milanese Design Since 1967(ポメラート展)を2021年9月17日(金)から9月23日(木)まで、東京・表参道ヒルズ スペース オーにて開催する。入場は無料だ。

ポメラート初のエキシビション

ミラノ発のファインジュエラー・ポメラートが、メゾン初のエキシビションを実施。ゴールドを中心に、日本初公開となるアーカイブピースから、最新のハイジュエリーコレクションまで揃えた、他にはない圧巻の“カラフルなジュエリー”の世界へと来場者を誘う。

48カラットのタンザナイトと2,300ものダイヤモンドの輝きが楽しめる、タンザナイトのホワイトゴールドチェーン。
ポメラートの稀少なジュエリーコレクションを通して感じられるのは、1967年の創立から半世紀以上に渡って積み上げてきた貴金属加工の技術や、他のジュエリーブランドとは一線を画す大胆で冒険心にあふれたデザインスピリット。

ダイヤモンドとピンク・パープル・レッド・ラベンダースピネルを散りばめた、ローズゴールドのピンクグルメネックレス。
「カラフルで型破り」と表現される、ポメラートのファインジュエリーは、どれも唯一無二の魅力に満ちている。

メイド・イン・ミラノにこだわるポメラートのジュエリーは、約100名の職人たちが在籍するミラノのアトリエで一つひとつ丁寧に制作されている。時代を先取りしたストーンカッティングや、独自のセッティングで知られ、複雑な構造が一見シンプルに見える仕掛けに隠れている。

また、ポメラートの代名詞といえるのがカラフルなストーン使いだ。その“カラー使い”が支持されるメゾンのジュエリーは、どれも遊び心あふれる配色で、好奇心がくすぐられる。

会場では、ポメラートが生み出すカラフルなジュエリーを多数展示。繊細なジュエリー技術によって生み出される、カラフルなファインジュエリーを鑑賞することで、“真のミラネーゼデザイン”を体感できるはずだ。

関連記事:https://blog.goo.ne.jp/tused325